綿向山の霧氷

 ほぼ毎年、冬になると綿向山にでかけ山頂付近に出現する霧氷を見に行きます。殆どの登山者は西明寺から参道を往復されますが、参道は杉などの植林帯の中にあるので、私は自然林を歩きたいので参道から登り、綿向山の南西にある、自然林のお多い水無山を目指します。しかし、当日も水無山を目指した登山者は皆無で前日のものらしい踏み跡が僅かに確認できる程度でした。その日は、初めてカンジキを着けるという女性が2名いましたが、雪国育ちで、先日の初めてアイゼンもうまく歩きこなしていたので、問題はないと確信し、山頂から急斜面をアイゼンで下り、(古い積雪が雨で凍り、その上に新雪が積もっていた)途中でカンジキに履き替えましたが、うまく歩いていました。水無山の山頂付近にも見事な霧氷が出来ており、青空との対比が感動的でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

唐獅子